肌の若返りで「しわ」も改善します。

「しわ」ってどうやってできるの?

 

「しわ」のできる仕組みについて簡単に説明します。

 

「しわ」できる仕組みについてもイメージできるようにしましょうね。

 

「しわ」の原因は、日頃のスキンケアの仕方や栄養状態そして加齢と言われています。

 

角質の水分量の低下や、紫外線による真皮のコラーゲン繊維の変性によって「しわ」ができるのです。

 

 

<説明ここから>

 

「しわ」は小さなもの「小じわ」と大きなもの「大じわ」というように大きさによって分けられています。

 

小じわとは、老化による乾燥(加齢乾燥)や皮膚の水分が不足して弾力が低下している状態です。

 

乾燥した古い角質がそり返った状態になり浅い溝になっているのです。

 

 

肌の深いところ(真皮)は変化していないので、張りや弾力が保たれています。

 

「小じわ」は水分や油分を補給することで回復するので、スキンケアの方法を間違わなければ簡単に元に戻りますので、肌の若返り対策で次の段階へと進むのを防ぎましょう。

 

肌の若返りを意識したスキンケアをおろそかにしていると、「小じわ」がどんどん育っていって、額や目や口の周り、顔の輪郭等に深い溝ができ、大きく目立つ「大じわ」ができてしまいます。

 

この段階になって慌てて対策をとる方がとても多いです。

 

「大じわ」は表皮の乾燥、真皮の弾力低下、皮下脂肪の萎縮、表情筋の収縮や弛緩等が原因となってできます。

 

「大じわ」は深い部分までダメージを受けており、重症の状態なので、「小じわ」に比べると消すのはかなり難しくなります。

 

「小じわ」のうちに予防しておくことがポイントです。

 

<説明ここまで>

 

 

「小じわ」といえば目元の「しわ」をイメージしますよね。

 

そのとおりで、特に意識してケアしたい部分は目元なんです。

 

ここは皮膚が薄いので乾燥しやすく表情筋の動きが常にあるので、とても「しわ」になりやすい部分です。

 

保湿をしっかりとすることが目元の「しわ」ケアの基本です。

 

コラーゲンやヒアルロン酸入りの製品をつかうのが効果的ですよ。

 

 

 

肌の若返りとスキンケアの方法「しわ」の場合・・・

 

肌の若返りとスキンケアで大切なのは体の内側からのケアです。

 

「しわ」を防ぎ肌の若返りのために摂取したい栄養素のポイント!

 

 

   肌に張りやみずみずしさを保つコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸

 

   肌の血行を良くするビタミンB群とビタミンE、コラーゲンの生成を助けるビタミンC

 

   酸化を予防するために、表皮や粘膜を守るビタミンAやβ−カロテン

 

 

 

これらを日常的に摂取しましょうね。

 

 

エイジングケアに必要な栄養成分22種類配合⇒ ⇒ ⇒お肌の事を本気で考えたプラセンタサプリ

 

PS

 

血液やリンパの流れを良くするためのマッサージをしたり、皮下の筋肉や表情筋をこまめに動かして鍛えたりすることによって、外面から肌を若返らせて「しわ」を抑えることが可能です。