肌の若返りで「しみ」も改善します。

「しみ」ってどうやってできるの?

肌が若返る状態にするにはイメージの力が大きく影響します。

 

肌が若返る状態になれば肌が勝手に若返ろうとします。

 

あとはエイジングケアなどの製品で肌の若返りをサポートしていけばよいのです。

 

あまり神経質にならず自分の身体を信じてあげてください。

 

これがポイントですよ。

 

同じようにイメージの力で「しみ」も改善できます。

 

「しみ」は、顔や手にできる褐色の色素沈着。

 

目立つ場所にできてしまう「しみ」ってイヤですよね。

 

肌の若返りを促進させて「しみ」も取ってしまいましょう!

 

 

では、「しみ」ってどうやってできるのでしょう?

 

イメージできない方のために簡単に説明しましよう。

 

分かる方は飛ばし読みしてくださいね。

 

 

<説明ここから>

 

皮膚にはチロシナーゼという酵素が含まれていて、お肌を紫外線等の刺激から保護するために働いています。

 

そのためチロシナーゼは紫外線を浴びることで活発になり、アミノ酸である「チロシン」に作用てしメラニン色素を作り出すのです。

 

 

このメラニン色素は有害な紫外線等が肌の奥に侵入しないように守ってくれる戦士なのですが・・・

 

沈着してしまうと「しみ」になってしまうのです。

 

メラニン色素はターンオーバー(新陳代謝)で排泄されるのですが、年齢とともにターンオーバーが不活発になり沈着して「しみ」ができてしまいます。

 

<説明ここまで>

 

 

「しみ」ができる仕組みがイメージできれば、それとは逆に「しみ」が消えていくイメージもしやすくなります。

 

「しみ」が消えていくイメージをするためのポイントは、活発なターンオーバーで肌の奥にあるメラニン色素が排泄される様子を描くことです。

 

イメージすることで肌の若返りスイッチが入りますので、あとは身体を信用して任せておくだけで「しみ」が薄れていきます。

 

でも肌を良い状態に保つためケアはサボってはいけませんよ。

 

 

 

「しみ」防止対策もしっかりと

 

「しみ」の原因は殆どが紫外線・・・

 

帽子、サングラス、日傘を利用してとにかく紫外線を浴びないようにすることが「しみ」防止の基本です。

 

「しみ」も薄い状態ならターンオーバーによって簡単にはがれ落ちたりします。

 

紫外線は夏だけではないので要注意です。

 

 

 

内部疾患が原因の「しみ」とは・・・

 

注意しなければいけないのが、身体内部の異常からくる「しみ」です。

 

ホルモンバランスの異常や肝機能低下によって解毒できない老廃物が沈着して「しみ」になる場合があります。

 

また、肝臓の機能が低下すると、日光に弱くなるため、紫外線の影響で細胞が酸化しやすくなり「肝班」と呼ばれる「しみ」が発生する場合もあるのです。

 

「肝班」は黒っぽい色をしており左右対称にできるのが特徴なので確認ができます。

 

こういった場合は病院で検査を受け内臓のケアをしないと改善しませんよ。

 

 

 

肌の若返りのために摂取したい栄養素

 

肌の若返りは身体の内部からの働きかけも重要です。

 

肌の若返りに必要な栄養素も知っておきたいですね。

 

知っておきたいポイントは・・・

 

   新陳代謝をよくするビタミンB群

 

   メラニン生成を抑えるコラーゲンとコラーゲン生成に役立つビタミンC。

 

   真皮の健康を保つビタミンA。

 

   血行を促進して細胞の酸化を守るビタミンE。

 

   皮膚や粘膜の保護作用があるビタミンB2。

 

栄養素等が不足すると皮脂が過剰に分泌され、紫外線を浴びたときに酸化が早くなるのです。

 

ビタミンC・Eやヒアルロン酸、コラーゲンを意識して取り入れると良い結果が出そうですね。

 

 

エイジングケアに必要な栄養成分22種類配合⇒ ⇒ ⇒お肌の事を本気で考えたプラセンタサプリ